映画「2001年宇宙の旅」のモノリスの正体とは

f:id:axelay01:20170301231818j:plain

 

SF映画の古典的名作と言われているスタンリー・キューブリック監督の「2001年宇宙の旅」ですが、とにかくストーリーが難解で、映画を見ただけでは「なじゃこりゃ」と感じた方も少なくないと思います。

 

特に要所要所で出てくるあの黒い石版=モノリスは、詳しい正体も映画ではまったく触れられていません。

 

この映画の小説版には、映画では触れていなかった細かな部分がかなり描かれていて、小説を読むと、わりとすっきり理解できたりします。

 

映画しか観たことなくてよく分からなかったという方のために、モノリスとはなんだったのか簡単に解説してみたいと思います。

なお、予備知識なしで映画や小説を楽しみたい方は閲覧をお控えください。

 

f:id:axelay01:20170301231819j:plain

モノリスとは何だったのか

 

この映画の象徴ともいえるモノリスですが、その正体をざっくり言うと、「太古の昔の宇宙に存在した知的生命体が、ある実験のために作った超高性能な機械」です。

 

その実験とは、「宇宙のあらゆる惑星にいる生命体の、精神(心)の発現を促す」という、とても壮大なものでした。

この実験を始めた種族は、ファーストボーンと呼ばれていて、宇宙で最初に知性を持った種族といわれています。

そんな彼らも、宇宙に進出するようになると、自分たちと同じような知的生命体がどこかにいないか、あらゆる場所を探し回ります。

そして銀河中で幾多の生態系と出会った結果、精神以上に貴重なものはないということを見出し、その曙を促すための実験を始めたのです。

この実験のために膨大な数のモノリスが宇宙中にばら撒かれ、そのうちのいくつかが太陽系へとやって来たわけです。

 

・映画に登場したのは3つのモノリス

 

映画では主に3つの場面でモノリスが登場しますが、実は3つとも違うモノリスで、それぞれに応じた役割を持っていました。

 

1番最初のモノリスは400万年前のアフリカ大陸に住んでいたヒトザルたちの前に現れたものです。

映画ではサルたちが、突然現れたモノリスに驚き、回りを囲んで騒いでるだけだったのですが、このときモノリスは、見えない力で彼らの肉体や潜在能力を調べていて、ヒトザルらが将来、知性や精神を獲得するに足る生物かどうかを分析していたのです。

そしてヒトザルに脈ありと判断したモノリスは、彼らの精神構造に干渉して知性の発現を促したのです。そうしてサルたちは道具(骨)を使うことを覚え、野生から文明への道へと歩み始めることになったのです。

 

第2のモノリスは、それから300万年後に月の地中に埋まっていたのを、月へ到達するようになった人類が発見しました。

このモノリスを掘り起こしたところ、突如強烈な電波を宇宙へ向けて発信。

後の調査で、電波が向かったちょうどその先に木星があることが分かり、それが、宇宙船ディスカバリー号木星方面の調査に向かうことにつながっていくのです。

 

さてこの2番目のモノリスは何のためにあるのかというと、

「どこかの種族に見つかったよ!、ここに知的生物がいるよ!」というメッセージをモノリスを作った存在に伝えるという役割を持っていました。

 

このモノリスは、いつか誰かに掘り出されるように、月面の地下にわざと埋められていたのです。そして掘り起こされて太陽を浴びると、起動して指定された方向へ電波を飛ばすようになっていたのです。

 

なんでこのモノリスが地球じゃなくて、わざわざ生命に適さない月に置かれたか。

そこにもちゃんと理由があります。

 

ひとつの惑星で知性が芽生え、文明を築いて科学技術を発達すると、その知性は遅かれ早かれ宇宙へと進出するでしょう。そうすると母星から最も近い天体を訪れるはずです。

 

モノリスは、1つの惑星の中でちょっとばかり知性を得た生物には眼中にないのです。

“宇宙へ進出し、別の星に到達できるほどの文明や知性を達成した”

そうした種族に発見されるのを願って、意図的に置かれた警報装置だったのです。

 

途方もない歳月をかけての実験ですね。

 

f:id:axelay01:20170301231821j:plain

そして3番目のモノリス木星近くの宇宙空間にありました。

主人公が宇宙ポッドでモノリスに近づくと、スペーシーでサイケデリックで神秘的な映像が流れ始めます。流れ去ってゆく光の回廊、星の爆発、色の反転した世界、巨大な瞳・・・。そして最後はなぜかホテルに着くという意味不明なシーンが続きます。

3番目のモノリスは「スターゲート」と呼ばれていて、いわゆる空間転送装置のような能力を持っていました。スターゲートはボーマン船長をスペースポッドごと取り込み、宇宙のさまざまな世界に連れ回します。そのイメージがあのサイケデリックな映像なのです。

最後に行き着いたホテルのような場所は、モノリスの創造主が地球人類の文化を模倣して作り出した「まぼろし」でした。

そこで、ボーマン船長の記憶や精神が洗い流され、人類の次のステージ、スターチャイルドへ進化することになります。

 

今日はここまで。

騙された!そうきたか!最高の大どんでん返し映画

ユージュアル・サスペクツ

f:id:axelay01:20170224004842j:plain

どんでん返し系の映画の中でもトップクラスの出来栄えの超有名作品。

今じゃX-メンの監督として有名なブライアン・シンガー監督が1995年に制作した犯罪サスペンスです。

僕は初見の時、終盤あたりまでは、なんだか盛り上がりに欠ける展開だなーと油断してたら、ラストシーンのあまりの衝撃にそのまま2周目に突入しました。

 

 

(キャスト)

ガブリエル・バーン        

ケヴィン・スペイシー    

スティーヴン・ボールドウィン

ケヴィン・ポラック        

ベニチオ・デル・トロ    

チャズ・パルミンテリ    

ピート・ポスルスウェイト

はじめましてのごあいさつ

はじめまして あくすと申します。

 

僕が今まで見た映画で、特に「人に勧めてみたい映画」を中心に

 

ゆるーりと紹介していこうと思います。

 

どうぞよろしくお願いします。